国際

  • 印刷
 スウェーデン・ウプサラの街頭を歩く人々=21日(ロイター=共同)
拡大
 スウェーデン・ウプサラの街頭を歩く人々=21日(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】欧州で新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、スウェーデン政府が高齢者に求めてきた行動制限を緩和した。同国は春以降、ロックダウン(都市封鎖)などの厳しい対策を避けてきた。再び規制を強める欧州の他国とは対照的な独自路線が、改めて注目を集めている。

 同政府は4月以降、70歳以上の高齢者など重症化リスクのある人を対象に、同居家族以外との接触の回避を推奨するなどしてきたが今月22日、この勧告解除を発表した。

 重症者や死者の拡大抑制の効果があった一方、孤独な環境で心の健康を害するケースが増え対策が必要と判断。医療現場の対策が進んだことも後押しした。

国際の最新
もっと見る

天気(11月26日)

  • 17℃
  • 10℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 7℃
  • 10%

お知らせ