スポーツ

  • 印刷
 スケートアメリカの女子で優勝したマライア・ベルのフリー=ラスベガス(AP=共同)
拡大
 スケートアメリカの女子で優勝したマライア・ベルのフリー=ラスベガス(AP=共同)
 スケートアメリカの男子で4連覇を達成したネーサン・チェンのフリー=ラスベガス(ゲッティ=共同)
拡大
 スケートアメリカの男子で4連覇を達成したネーサン・チェンのフリー=ラスベガス(ゲッティ=共同)

 【ロサンゼルス共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカは24日、米ネバダ州ラスベガスで各種目のフリーが行われ、男子はネーサン・チェン(米国)が前日のショートプログラム(SP)に続いてトップの187・98点をマークし、合計299・15点で4連覇を達成した。ビンセント・ゾウ(米国)が275・10点で2位、キーガン・メッシング(カナダ)が3位。

 女子は24歳のマライア・ベル(米国)が合計212・73点でGP初優勝。ブレイディ・テネル(米国)が211・07点で2位だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • 10℃
  • 20%

  • 11℃
  • 8℃
  • 80%

  • 16℃
  • 11℃
  • 20%

  • 14℃
  • 9℃
  • 40%

お知らせ