スポーツ

  • 印刷
 1位でゴールする名城大のアンカー・高松智美ムセンビ。史上3校目の4連覇を果たした=仙台市
拡大
 1位でゴールする名城大のアンカー・高松智美ムセンビ。史上3校目の4連覇を果たした=仙台市

 全日本大学女子駅伝は25日、弘進ゴムアスリートパーク仙台から仙台市役所前市民広場までの6区間、38・1キロで行われ、名城大が2時間2分57秒の大会新記録で史上3校目の4連覇を果たした。5度目の優勝。

 2区の山本有真がトップに立つと3区の小林成美、4区の増渕祐香、5区の加世田梨花が区間賞の走りで後続を突き放した。

 2分51秒差で大東大が4年連続の2位。日体大が3位で、最多10度優勝の立命大は4位だった。5~8位の関大、大阪学院大、城西大、松山大までが来年の出場権を獲得した。

 新型コロナの感染防止策として、沿道での応援自粛を呼び掛けるなどして開催した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ