経済 経済 新商品

  • 印刷

 全日本空輸と、同じANAホールディングス傘下の格安航空会社ピーチ・アビエーションが、11月から貨物便の共同運航を始めることが26日分かった。旅客便は来年にも国際線の路線規模を縮小する方針。新型コロナ流行下でも好調な貨物事業を強化し、旅客頼みの収益構造を改善する狙い。

 貨物の共同運航は11月1日から、福岡と札幌(新千歳)、成田などを結ぶ国内線で開始。ANAが引き受けた魚介類や野菜など生鮮食品を中心に、ピーチの旅客便の貨物スペースを使い運ぶ。需要に応じて取り扱う貨物の種類や便数を順次増やし、中部空港発着便でも展開する予定。来年度には国際線にも拡大する計画だ。

経済の最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ