社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 中国人女性の遺体をスーツケースに詰め込んで愛知県西尾市の河川敷に放置したとして、死体遺棄罪で起訴された中国籍の朴鐘日被告(31)が、別の女性への殺人未遂容疑で再逮捕された事件で、名古屋地検岡崎支部は28日、傷害罪に切り替えて朴被告を追起訴した。

 殺意を立証する十分な証拠が得られなかったと判断したとみられる。

 起訴状によると、2016年12月18日、仙台市青葉区の集合住宅敷地内で住人の女性に馬乗りになり、手で首を絞めて約3週間のけがを負わせたとしている。

 朴被告は6月、中国籍の王敬さん=当時(37)=の遺体を捨てたとして、死体遺棄容疑で逮捕、起訴された。

社会の最新
もっと見る

天気(11月26日)

  • 17℃
  • 10℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 7℃
  • 10%

お知らせ