スポーツ

  • 印刷
 再入幕に意欲を燃やす元大関の琴奨菊(左)=千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋(日本相撲協会提供)
拡大
 再入幕に意欲を燃やす元大関の琴奨菊(左)=千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋(日本相撲協会提供)

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)で、2005年春場所以来15年ぶりに十両に転落した元大関の琴奨菊が30日、電話取材に応じ「正直悔しい。まだまだ力を出していないぞと。勝てば(幕内に)上がれる」と再入幕へ意気込んだ。

 36歳の関取最年長は秋場所2日目に左ふくらはぎを負傷し途中休場。再出場したが2勝に終わった。30日から千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で相撲を取る稽古を再開し、21歳の平幕琴勝峰と3番ほど取り「何かわくわくした」と前向きだった。

 史上7位の幕内在位92場所を誇る。十両に落ちてまで土俵に上がる葛藤と向き合い、現役続行を選んだ。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月26日)

  • 17℃
  • 10℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 7℃
  • 10%

お知らせ