社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 東京都内の路上で女子中学生の胸を触ったとして、強制わいせつ罪に問われた漫画原作者松木達哉被告(29)は24日、東京地裁の初公判で起訴内容を認めた。検察側は「未成年の女性に興味があり、ストレス発散のために犯行に及んだ」として懲役1年6月を求刑、弁護側は執行猶予付き判決を求めて即日結審した。判決は12月23日。

 松木被告は集英社の週刊少年ジャンプに連載されていた漫画「アクタージュ」の原作者。逮捕後に連載は打ち切られた。

 被告人質問で松木被告は、他にも同様のわいせつ行為をしたことがあるとし「まずい、おかしいと思ったが、自制できなかった」と述べた。

社会の最新
もっと見る

天気(1月29日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 10%

  • 3℃
  • -1℃
  • 70%

  • 7℃
  • 2℃
  • 20%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ