社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 神奈川県座間市で2017年、男女9人を殺害したとして強盗強制性交殺人などの罪に問われた無職白石隆浩被告(30)の裁判員裁判が24日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で開かれた。検察側から各被害者と遺族への思いを問われた被告は、一部に対し後悔の念を口にした一方で、それ以外には「正直何も思わない」などと語った。

 また、起訴前に精神鑑定を実施した医師が証人として出廷し「精神障害は認められない」と証言した。

 弁護側は「謝っても謝りきれない」とする被告の母親の調書を読み上げた。

社会の最新
もっと見る

天気(1月29日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 10%

  • 3℃
  • -1℃
  • 70%

  • 7℃
  • 2℃
  • 20%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ