生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 南西諸島で発見され、新種と判明したアカボシルリゴキブリ(左)とウスオビルリゴキブリ(竜洋昆虫自然観察公園提供)
拡大
 南西諸島で発見され、新種と判明したアカボシルリゴキブリ(左)とウスオビルリゴキブリ(竜洋昆虫自然観察公園提供)

 鹿児島大などの研究チームは25日、鹿児島県から沖縄県にかけて広がる南西諸島で見つかった2種のゴキブリが新種と判明したと発表した。国内での新種発見は35年ぶりで、多様性の解明に一歩近づいたとしている。日本動物学会が発行する同日付の学会誌(電子版)に掲載された。

 鹿児島大農学部の坂巻祥孝准教授が2005年、鹿児島県・宇治群島の家島で初めて採集。青みがかった光沢のある羽に鮮やかな三つのオレンジの紋が入った種を「アカボシルリゴキブリ」、紫色の腹部と羽の薄いオレンジ色の帯模様が特徴の種を「ウスオビルリゴキブリ」と命名した。いずれも体長12~14・5ミリ。

科学・環境の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ