国際

  • 印刷

 【ナイロビ共同】エチオピア連邦政府軍と北部ティグレ州政府を率いるティグレ人民解放戦線(TPLF)の紛争で、アビー首相は25日、国連やアフリカ連合(AU)など国際社会が働き掛けている調停を「内政干渉だ」と非難し、拒否すると表明した。

 連邦政府軍は人口約50万人のティグレ州の州都メケレに向けて進軍し、攻撃を警告。だがTPLF指導部は「死ぬ覚悟はできている」と譲歩せず、多数の市民が犠牲になる恐れが高まっている。

 アビー氏は声明で、TPLFが4日に連邦政府軍を先制攻撃したと主張。連邦政府軍の反撃は、国を守るための「法に基づいた作戦だ」と強調した。

国際の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ