スポーツ

  • 印刷
 マラドーナ氏を追悼し、ブエノスアイレスのランドマーク「オベリスク」の下に集う人々=25日(ゲッティ=共同)
拡大
 マラドーナ氏を追悼し、ブエノスアイレスのランドマーク「オベリスク」の下に集う人々=25日(ゲッティ=共同)

 【サンパウロ共同】「大きな喪失」「こんなに悲しかったことはない」-。国民的スターのマラドーナさんを失ったアルゼンチンの市民は25日、各地のサッカー場などに集まり、悲しみを共有した。

 首都ブエノスアイレス近郊の警察官エステバン・イルスタさん(49)は「世界とアルゼンチンのサッカー界にとって大きな喪失だ。毀誉褒貶のある人物だったが、フィールドでの天才的なプレーは消えることがない」と惜しんだ。

 現地からの報道によると、マラドーナさんの名前を冠したサッカー場などに、国旗やマラドーナさんの写真を掲げた多くの市民らが集まって追悼した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月23日)

  • 11℃
  • 9℃
  • 70%

  • 9℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 10℃
  • 7℃
  • 80%

お知らせ