国際

  • 印刷

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は25日、米大統領選で敗北確実なトランプ大統領が来年1月の政権交代前に駆け込み的に恩赦を続ける可能性があるとの見方を伝えた。自身のロシア疑惑を巡り偽証罪などに問われたフリン元大統領補佐官への恩赦を同日表明。周辺は対象拡大へ働き掛けを強めており、ホワイトハウスは数百件の減刑を検討しているとされる。

 政権交代期は、恩赦実現に向けた動きが活発化するという。特にトランプ氏周辺には、ロシア疑惑などで違法行為に問われた人も多く、敗北宣言するまでは恩赦などの可能性があるとみてトランプ氏の判断に注目が集まっている。

国際の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 30%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ