スポーツ

  • 印刷
 契約更改を終え、「原点」と書いた色紙を手にする楽天の則本昂大投手=26日、仙台市内(同球団提供)
拡大
 契約更改を終え、「原点」と書いた色紙を手にする楽天の則本昂大投手=26日、仙台市内(同球団提供)

 楽天の則本昂大投手が26日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸3億円プラス出来高払いでサインした。今季は2年連続で5勝にとどまりチームも4位に終わった。7年契約の3年目となる来季に「原点の外角低めがいかに大事かと再確認した。もう一回、原点に返って来季一年間やりたい」と巻き返しを誓った。

 今季は新型コロナウイルスの感染拡大で3月下旬から1カ月以上、球団施設が閉鎖され「キャンプから積み上げてきたものが消えてしまった。調整する選手としては難しい」と振り返った。

 チームの観客動員も大幅に減り、選手会長として危機感をにじませた。(金額は推定)

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月23日)

  • 11℃
  • 9℃
  • 70%

  • 9℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 10℃
  • 7℃
  • 80%

お知らせ