スポーツ

  • 印刷
 マラドーナさんに別れを告げるため列を作るファンら=26日、アルゼンチン・ブエノスアイレス(ゲッティ=共同)
拡大
 マラドーナさんに別れを告げるため列を作るファンら=26日、アルゼンチン・ブエノスアイレス(ゲッティ=共同)

 【サンパウロ共同】25日に死去したサッカー元アルゼンチン代表、マラドーナさんのひつぎを載せた車両が26日、首都ブエノスアイレスの大統領府から郊外の墓地に向け出発した。現地メディアが伝えた。ユニホームを着たり国旗を手にしたりした多くのファンが沿道で見送り、世界を熱狂させたスーパースターとの最後の別れを惜しんだ。

 ひつぎを載せた車両は26日夕(日本時間27日午前)、大統領府を出発。警察のバイクに囲まれ幹線道路を墓地へと向かった。沿道ではサイレンやクラクションの音が鳴り響き、一帯は騒然とした雰囲気に包まれた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月29日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 10%

  • 3℃
  • -1℃
  • 70%

  • 7℃
  • 2℃
  • 20%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ