スポーツ

  • 印刷
 欧州リーグの試合が行われた競技場前に集まり、マラドーナさんの死を悼むナポリのファンたち=26日、ナポリ(ゲッティ=共同)
拡大
 欧州リーグの試合が行われた競技場前に集まり、マラドーナさんの死を悼むナポリのファンたち=26日、ナポリ(ゲッティ=共同)

 25日に死去したサッカー元アルゼンチン代表、マラドーナさんが現役時代に大活躍したイタリアのナポリは26日、本拠地で行われた欧州リーグの試合で選手がマラドーナさんの名前の入った背番号10のユニホームを着て入場し、キックオフ前に黙とうをささげた。

 試合はクロアチアのリエカを2-0で下し、天に召されたスーパースターに白星を届けた。クラブ公式サイトによると、ガットゥーゾ監督は「街は悲しみに包まれている。ディエゴはシンボルであり、チャンピオンだった」と悼んだ。

 マラドーナさんが在籍した1989年にナポリは欧州リーグの前身大会の欧州連盟(UEFA)カップを制覇した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月23日)

  • 11℃
  • 9℃
  • 70%

  • 9℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 10℃
  • 7℃
  • 80%

お知らせ