生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 動物愛護センターで保護された犬や猫の殺処分回避を目指して協定を結んだ北海道旭川市の西川将人市長(右)とヤマト運輸の担当者=27日午後、旭川市役所
拡大
 動物愛護センターで保護された犬や猫の殺処分回避を目指して協定を結んだ北海道旭川市の西川将人市長(右)とヤマト運輸の担当者=27日午後、旭川市役所

 宅配便大手のヤマト運輸と北海道旭川市は27日、市動物愛護センターで保護された犬や猫を新たな飼い主に譲渡し、殺処分を回避しようと連携協定を結んだ。ヤマトは全国の自治体と400以上の包括連携協定を結んでいるが、動物愛護分野の協定は初めて。

 市などによると協定では、殺処分を回避するため市内に約20カ所ある同社の宅急便センターに、動物愛護センターが保護している犬や猫の飼い主を募るポスターを張ったり、チラシを置いたりする。また、配達作業中の同社ドライバーがけがをした犬や猫を発見した場合、動物愛護センターに通報することで迅速な保護につなげる。

生活の最新
もっと見る

天気(1月23日)

  • 11℃
  • 9℃
  • 70%

  • 9℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 10℃
  • 7℃
  • 80%

お知らせ