スポーツ

  • 印刷

 陸上男子短距離の有力選手4人が28日、東京都内で取材に応じ、東京五輪が控える来季への抱負を語った。100mで前日本記録保持者の桐生祥秀は「スタートから中盤の部分で技術を高めたい。レベルアップしてシーズンインし、勝負したい」と述べ、多田修平は「まずは10秒05の参加標準記録を突破すること」と表情を引き締めた。

 昨年から故障に苦しむ山県亮太は、痛めた膝の治療とトレーニングを並行して行っており「体づくりから見直す」。飯塚翔太は加速を課題に挙げ「(体を)支える筋力を強化したい」と話した。

 4人は親子を対象にしたオンラインイベントに出席した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 50%

  • 12℃
  • 7℃
  • 50%

  • 15℃
  • 10℃
  • 70%

  • 14℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ