生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は30日、蚊が媒介する感染症のマラリアによる死者が、2019年に世界全体で推計40万9千人に上ったとの報告書を発表した。

 00年に73万6千人だった死者数は年々減少が続くが、新型コロナウイルスの感染拡大で、医療機関のマラリア治療態勢が阻害される懸念も出ている。最悪の場合、20年には死者が10万人増える可能性があるとして警戒を呼び掛けている。

 19年の感染者は87カ国の2億2900万人に上り、18年から100万人増加。死者に占める5歳未満の乳幼児の割合は00年の84%から、19年は67%にまで低下した。

科学・環境の最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ