生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 改訂された海外在住被爆者の説明パネル=広島市の原爆資料館
拡大
 改訂された海外在住被爆者の説明パネル=広島市の原爆資料館

 広島市の原爆資料館は1日までに、海外在住被爆者の説明パネルを改訂した。国内の被爆者と同様の援護を受けられるようになるまでの韓国人被爆者らの運動の成果を前面に出した。

 国が被爆者に健康管理手当などを支給する援護制度は1957年に始まった。74年には旧厚生省が「出国すれば受給権を失う」と通達し、在外被爆者は正式に除外された。

 韓国人被爆者らが訴訟を起こし、2003年に通達は廃止された。

 修正したパネルは、援護制度が「01年から順次見直され」という表現だったが、「02年の大阪高等裁判所の判決を受け、03年から被爆者援護法に基づく支給が開始され」と変更した。

生活の最新
もっと見る

天気(1月25日)

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ