国際

  • 印刷
 台湾で販売されていた中国を賛美した絵本。「中国頑張れ」「武漢頑張れ」と書かれている=2日、台北(共同)
拡大
 台湾で販売されていた中国を賛美した絵本。「中国頑張れ」「武漢頑張れ」と書かれている=2日、台北(共同)

 【台北共同】中国の新型コロナウイルス感染対策を賛美した中国の児童向け絵本が、台湾で5月から販売されていたことが2日までに判明し、文化部(文化省)が出版社に事情を聴くなどして経緯を調べている。絵本は中国で共産党の宣伝工作に使われており、台湾で販売禁止を求める声が上がっている。

 台湾では中国による一部メディアやインターネット、宗教に対する「浸透工作」が社会問題化。民主進歩党(民進党)の陳亭妃立法委員(国会議員)は「氷山の一角」と指摘、同様の絵本が他にも出回っている恐れがあるとして、出版社や政府に改善を求めた。

 陳氏は「中国は自身を美化している」と批判した。

国際の最新
もっと見る

天気(1月20日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ