総合 総合 詳報

  • 印刷
 ジュネーブ本部に掲げられたWHOのロゴ(AP=共同)
拡大
 ジュネーブ本部に掲げられたWHOのロゴ(AP=共同)

 【ジュネーブ共同】新型コロナウイルス感染症への対応を検証する世界保健機関(WHO)の独立委員会は18日、中間報告を公表し「中国の保健当局は昨年1月の段階で、より強力な公衆衛生上の措置を取れたはずだ」として、中国当局の感染拡大初期の対応に出遅れがあったと指摘した。WHOの権限不足のほか、米中を念頭に各国間の政治的対立の影響にも言及した。

 WHOについては、新たな感染症が発生した際の調査や支援、現地への要員派遣を自由にできず「期待されている任務を果たすには権限が不足している」と指摘した。

 中間報告は中国当局の対応の遅れについて、具体的には言及していない。

総合の最新
もっと見る

天気(2月28日)

  • 13℃
  • 4℃
  • 10%

  • 17℃
  • -2℃
  • 10%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 15℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ