総合 総合 詳報

  • 印刷
 オーストリアのクルツ首相(BKA/Jakob Glaser提供・共同)
拡大
 オーストリアのクルツ首相(BKA/Jakob Glaser提供・共同)

 【ウィーン共同】オーストリアのクルツ首相は19日までに共同通信の書面インタビューに応じ、22日発効の核兵器禁止条約について、核廃絶に向け「広島や長崎の被爆者らが闘い到達した(新たな)段階だ」と評価した。同国は条約制定の旗振り役。条約の効力は拡大していくとし、ウィーンで開催見通しの第1回締約国会議に「全ての国や団体を歓迎する」と述べ、日本など未署名国にもオブザーバー参加を促した。

 同会議は条約発効から1年以内に開催。連立与党の公明党はオブザーバー参加を求めているが、菅義偉首相は消極的な考えを示している。今後、国外からも参加圧力が強まる可能性がある。

総合の最新
もっと見る

天気(3月7日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 9℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 40%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ