スポーツ

  • 印刷
 コルトレイク戦の前半、PKで先制ゴールを決めるシントトロイデンの鈴木優=コルトレイク(共同)
拡大
 コルトレイク戦の前半、PKで先制ゴールを決めるシントトロイデンの鈴木優=コルトレイク(共同)

 サッカーのベルギー1部リーグで20日、シントトロイデンの鈴木優磨がアウェーのコルトレイク戦で2試合連続となる2ゴールの活躍で2-0の勝利の立役者となった。今季リーグ通算12得点。

 前半15分にPKで先制し、同46分に左足シュートで追加点を挙げた。後半35分に交代。GKシュミット・ダニエルはフル出場した。

 ベールスホットの鈴木武蔵は1-3で敗れたアウェーのオイペン戦で後半33分までプレーした。(共同)

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月3日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ