総合 総合 詳報

  • 印刷
 有罪判決を受け、東京地裁を出る参院議員の河井案里被告=21日午後
拡大
 有罪判決を受け、東京地裁を出る参院議員の河井案里被告=21日午後
河井案里被告
拡大
河井案里被告

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた参院議員河井案里被告(47)に東京地裁(高橋康明裁判長)は21日、懲役1年4月、執行猶予5年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。現金供与先とされた地元議員5人のうち1人への買収は無罪とした。案里議員は買収の意図を否定、全面無罪を主張していた。

 判決は、案里議員と夫で元法相の衆院議員克行被告(57)の共謀が成立すると認定。今後の元法相自身の公判にも大きく影響する。

 起訴状によると19年3~6月、克行元法相と共謀、広島県議ら5人に計170万円を供与したとしている。

総合の最新
もっと見る

天気(2月27日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ