スポーツ

  • 印刷
 キャンプで練習する横浜FCの三浦(左)=和歌山県内((C)YOKOHAMA FC)
拡大
 キャンプで練習する横浜FCの三浦(左)=和歌山県内((C)YOKOHAMA FC)

 J1横浜FCの元日本代表FW三浦知良が21日、和歌山でのキャンプ中にオンライン取材に応じ、ブラジル時代も含めてプロ36年目の新シーズンへ「いろいろな記録を皆さんが期待してくれている。いい準備をして、一つでも多く先発で出られるように努力したい」と決意を口にした。

 来月26日に54歳となる大ベテランは、新型コロナの影響で例年のグアムではなく沖縄で自主トレに励んできた。左臀部を痛めて調整が遅れた昨年の反省を生かし、今回は練習量を少し抑えたという。「整えてきた分、走れるが、切れはまだ全然ない」と語った。昨季は、J1で53歳9カ月23日の最年長出場記録を樹立した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月3日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ