スポーツ

  • 印刷
 オンラインで開かれたC大阪の新体制発表会でポーズをとるクルピ監督(前列右から3人目)と新加入選手=22日、大阪市(株式会社セレッソ大阪提供)
拡大
 オンラインで開かれたC大阪の新体制発表会でポーズをとるクルピ監督(前列右から3人目)と新加入選手=22日、大阪市(株式会社セレッソ大阪提供)

 J1のC大阪は22日、大阪市内で始動し、その後オンラインで新体制を発表した。8年ぶり4度目の指揮を執るクルピ新監督は「攻めるサッカーを見せていきたい。守る時間が少なければ、勝利に導けることが増えると思う」と目標を掲げた。

 主力のFW柿谷やDFマテイヨニッチが抜けたが、今季はプレーオフから参戦するアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)での勝利も見据え、積極的に補強した。

 元日本代表FWで38歳の大久保は、プロデビューした古巣への15年ぶりの復帰に「あと15点で200得点なので狙いたいが、まずはチームが勝てるゴールがとれれば一番いい」と意気込んだ。

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月3日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ