スポーツ

  • 印刷
 男子200メートル自由形を1分45秒13の日本新で制し、喜ぶ松元克央=東京辰巳国際水泳場(代表撮影)
拡大
 男子200メートル自由形を1分45秒13の日本新で制し、喜ぶ松元克央=東京辰巳国際水泳場(代表撮影)

 競泳の北島康介杯は22日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、男子200メートル自由形は松元克央(セントラルスポーツ)が1分45秒13の日本新記録で優勝した。従来の記録は、2019年7月の世界選手権で松元が銀メダルを獲得した際にマークした1分45秒22。

 男子100メートル背泳ぎは入江陵介(イトマン東進)が53秒31で、女子100メートル平泳ぎは青木玲緒樹(ミズノ)が1分6秒94で制した。男子200メートルバタフライは本多灯(アリーナつきみ野SC)が1分55秒80で勝ち、男子100メートル平泳ぎは佐藤翔馬(東京SC)が59秒84で1位だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月3日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ