社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 2019年1月、千葉県野田市で小学4年の栗原心愛さん=当時(10)=が父に虐待され死亡した事件で、心愛さんの死亡から間もなく2年となるのを前に、心愛さんの父方の祖父母と叔母が22日、加害者の家族を支援する団体を通じ「なぜあの時助けてあげられなかったのか、後悔の念が消えることはない」とするコメントを出した。

 心愛さんの祖母は「『雪が見たい』と話す心愛ちゃんに北海道に行こうと約束していた。葬儀の日も雪で、あれから雪が降ると心愛ちゃんが戻ってきてくれた気がする」と心情をつづった。

 仙台市のNPO法人「ワールドオープンハート」を通じてコメントを出した。

社会の最新
もっと見る

天気(3月5日)

  • 14℃
  • 11℃
  • 80%

  • 13℃
  • 7℃
  • 80%

  • 13℃
  • 11℃
  • 80%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ