スポーツ

  • 印刷
 2019年世界水泳選手権の競泳男子100メートル平泳ぎで優勝したアダム・ピーティ=韓国・光州(共同)
拡大
 2019年世界水泳選手権の競泳男子100メートル平泳ぎで優勝したアダム・ピーティ=韓国・光州(共同)

 東京五輪は23日、開幕まで半年となった。新型コロナ感染拡大で、11都府県に緊急事態が宣言されている中で迎えた節目の日。大会組織委などによる公式イベントはなかった。予定通りの開催に懐疑的な見方が国内外で広がり、海外選手からは不安の声が漏れる。一方で大舞台の実現を望む声も変わらず上がり続けている。

 バレーボール女子で韓国のエース金軟景は聯合ニュースに対し「開催の希望は持っているが、期待感は失ってきている」との思いを明かした。英国代表に決まったリオ五輪男子100m平泳ぎ金のアダム・ピーティは「課題は多いけど、五輪が開催されるという希望を持っている」と述べた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月5日)

  • 14℃
  • 11℃
  • 80%

  • 13℃
  • 7℃
  • 80%

  • 13℃
  • 11℃
  • 80%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ