スポーツ

  • 印刷
 練習するオリックスの山本=大阪市(代表撮影)
拡大
 練習するオリックスの山本=大阪市(代表撮影)

 昨季最多奪三振のタイトルを獲得したオリックスの山本由伸投手が25日、大阪市内の球団施設で練習し「今まで開幕投手はやったことがないので、任せてもらえるような投手になりたいなと思っている」と、自身初の大役へ意欲を語った。

 この日は遠投などで軽快な動きを見せた。2019年には最優秀防御率に輝くなど実績は十分だが、スムーズに体重移動できるフォームを模索しているといい「よりいいものをずっと求めていた。細かいところも追い求めていきたい」と向上心は旺盛だ。

 チームは2年連続で最下位に沈んでいるだけに「優勝できる力になれたらなと思っている」と強い責任感ものぞかせた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(2月28日)

  • 13℃
  • 4℃
  • 10%

  • 17℃
  • -2℃
  • 10%

  • 15℃
  • 4℃
  • 10%

  • 15℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ