総合 総合 詳報

  • 印刷
 静岡県沖で見つかったヨコヅナイワシ(JAMSTEC提供)
拡大
 静岡県沖で見つかったヨコヅナイワシ(JAMSTEC提供)

 深海に生息する「セキトリイワシ」の中でも特に巨大な“横綱級”の魚が静岡県沖で見つかり、分析の結果、新種であることが分かったと海洋研究開発機構(JAMSTEC)が25日、発表した。新種は「ヨコヅナイワシ」と名付けた。

 ヨコヅナイワシは2016年2月と11月、静岡県沖の駿河湾で行った水深2171メートル以深の調査で計4匹が見つかった。全長が35センチ程度のセキトリイワシに比べはるかに大きく、最大で長さが140センチ、重さは25キロあった。

 うろこや頭、目などの外見的特徴のほか、遺伝子を調べ、新種と判明した。胃から魚を食べた痕跡が見つかり、生態を調べている。

総合の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 7℃
  • 5℃
  • 60%

  • 9℃
  • 1℃
  • 50%

  • 8℃
  • 5℃
  • 70%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

お知らせ