国際

  • 印刷
 パリのポンピドーセンター(共同)
拡大
 パリのポンピドーセンター(共同)

 【パリ共同】パリの三大美術館の一つである国立近代美術館があり、現代芸術の拠点として知られる文化施設「ポンピドーセンター」が全面改修工事のため2023年末から27年まで3年以上閉鎖することが決まった。フランス紙フィガロなどが25日伝えた。

 建設を決めたポンピドー元大統領の名を冠した同センターは1977年に開館し、設備の老朽化が深刻となっている。工事では、現在の安全基準に沿った改装やアスベスト(石綿)の完全除去を行うほか、建物のエネルギー効率を高め、バリアフリー化も進めるという。費用は約2億ユーロ(約252億円)。

国際の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 7℃
  • 5℃
  • 60%

  • 9℃
  • 1℃
  • 50%

  • 8℃
  • 5℃
  • 70%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

お知らせ