スポーツ

  • 印刷
 笑顔でノックを受けるヤクルト・村上=埼玉県戸田市(代表撮影)
拡大
 笑顔でノックを受けるヤクルト・村上=埼玉県戸田市(代表撮影)

 新型コロナウイルスに感染して15日まで入院していたヤクルトの村上宗隆内野手が26日、埼玉県戸田市の戸田球場で練習し、元気な姿を見せた。キャンプは1軍で全体練習から外れてスタートする。「動いていない分、体力が落ちている感じはある。でも若さを生かしてしっかり体力を戻し、早くチームと同じ動きをしたい」と語った。

 入院中も症状は出ず「病室でできることをやっていた」とストレッチや体幹トレーニングに励んだという。退院後1週間は球団施設の利用を自粛し、23日から再始動した。昨季は全試合で4番を務め、初タイトルとなる最高出塁率に輝いた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月9日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ