スポーツ

  • 印刷

 ヤクルトの山田哲人内野手が27日、キャンプ前に新型コロナ感染を調べるPCR検査を受けるために東京都内のクラブハウスを訪れて取材に応じ、今季に向け「一年間出続けることが一番大切。去年はできなかったのでフル出場するくらいの気持ちでいきたい」と意気込みを語った。

 昨季は上半身にけがを抱えて94試合出場にとどまり、打率2割5分4厘、12本塁打、52打点と低迷した。

 史上初の複数回となる3度達成しているトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)には過去2年届いていない。その間はチームも最下位が続き「悔しい思いが続いている。今年こそ」と言葉に力を込めた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月4日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ