国際

  • 印刷
 テヘランの空港でイラン原子力庁の関係者と談笑するIAEAのグロッシ事務局長(右)=20日(イラン原子力庁提供・AP=共同)
拡大
 テヘランの空港でイラン原子力庁の関係者と談笑するIAEAのグロッシ事務局長(右)=20日(イラン原子力庁提供・AP=共同)

 【テヘラン共同】国際原子力機関(IAEA)トップのグロッシ事務局長が20日、イランの首都テヘランを訪問した。イラン原子力庁のサレヒ長官らと会談する予定。イランがIAEAの抜き打ち査察の受け入れを23日に停止すると通告したことを受け、グロッシ氏は翻意を迫る考えだが、イラン側は米国に制裁解除の動きがないとして通告通り実行する構えだ。

 イランは核合意に基づき、IAEAによる未申告の施設への抜き打ち査察を認める「追加議定書」を暫定的に履行しているが、IAEAに対し、その履行を23日にやめると通告した。イランの核開発を十分に監視することが困難になる恐れがある。

国際の最新
もっと見る

天気(4月16日)

  • 19℃
  • 14℃
  • 60%

  • 21℃
  • 7℃
  • 50%

  • 20℃
  • 13℃
  • 40%

  • 19℃
  • 12℃
  • 50%

お知らせ