スポーツ

  • 印刷
 東京を破って初優勝を果たし、ベンチで大喜びする琉球の選手たち=アリーナ立川立飛
拡大
 東京を破って初優勝を果たし、ベンチで大喜びする琉球の選手たち=アリーナ立川立飛

 卓球Tリーグのプレーオフ・ファイナル第1日は26日、東京都のアリーナ立川立飛で男子が行われ、レギュラーシーズン2位の琉球が同1位の東京を3-0で破り、リーグ創設3季目で初優勝を果たした。

 琉球は第1試合のダブルスで木造、吉村和組が及川、田添組に2-1で勝利。以降のシングルスは戸上が大島に3-2で競り勝ち、吉村真も全日本選手権王者の及川に3-2で勝利した。東京のエース張本は第4試合に控えていたが、出番がなかった。

 昨季のファイナルは新型コロナウイルスの影響で中止となり、2季ぶりの開催だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月24日)

  • 21℃
  • 15℃
  • 10%

  • 24℃
  • 9℃
  • 10%

  • 23℃
  • 14℃
  • 10%

  • 24℃
  • 13℃
  • 10%

お知らせ