総合 総合 詳報

  • 印刷

 【ニューヨーク共同】ミャンマーでクーデター前から国連大使を務めるチョー・モー・トゥン氏は26日、国連総会の非公式会合で「国軍の戦争犯罪や人道に対する罪を容認すべきではない」とクーデターを非難した。欧米諸国などからも軍政を批判する声が相次いだ。

 ミャンマー国外にいる当局者が国軍を公然と非難するのは極めて異例。チョー・モー・トゥン氏は、選挙で選ばれた政府を代表して発言すると強調した上で、国軍による市民への弾圧を終わらせるため「国際社会からの強力な行動が必要だ」と訴えた。

 演説の最後には、ビルマ語で抗議デモ参加者らとの連帯を表明。会場からは拍手が湧き起こった。

総合の最新
もっと見る

天気(4月17日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 18℃
  • ---℃
  • 80%

  • 17℃
  • ---℃
  • 90%

  • 16℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ