国際

  • 印刷

 【ニューヨーク共同】ミャンマー国軍は27日、国連総会の会合で国軍のクーデターを非難したチョー・モー・トゥン国連大使を解任したと国営テレビを通じて発表した。

 大使は26日、国際社会に「強力な行動」を力強く訴え掛けた。国連では中国がミャンマーに対する非難を避け続けていることもあり、制裁導入など踏み込んだ措置を講じる機運に乏しいのが実情だ。

 クーデター前から国連大使を務めるチョー・モー・トゥン氏は演説で、軍事政権の正統性を認めず、国軍に市民への弾圧をやめさせるため「必要なあらゆる措置を取る」よう国際社会に呼び掛けた。

国際の最新
もっと見る

天気(4月12日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ