社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 新型コロナ対策の持続化給付金を詐取したとして、大阪府警は1日、詐欺の疑いで、大阪市北区、自営業平川誠容疑者(43)や妻の明希容疑者(33)ら男女4人を再逮捕した。平川容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認している。

 府警によると、平川容疑者は妻や知人を介して複数の主婦や少年らに指示し、通帳のコピーや運転免許証などを用意させて申請を繰り返し、250件以上、約3億円の不正受給を首謀したとみられる。

 平川容疑者の再逮捕容疑は仲間と共謀して、昨年5~7月、妻や知人の女(41)が、受給資格がないのに個人事業主だと装い、中小企業庁から計200万円をだまし取った疑い。

社会の最新
もっと見る

天気(4月15日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ