社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 河井克行被告
拡大
 河井克行被告

 東京地裁は3日、2019年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反罪に問われた元法相の衆院議員河井克行被告(57)の保釈を認める決定をした。保釈保証金は5千万円。東京地検は、決定を不服として抗告した。

 公判では現金を受領したとされる地元議員ら100人の証人尋問や供述調書の朗読が終わり、弁護人が2月24日、5回目の保釈請求をしていた。

 元法相は妻の案里前参院議員(47)=有罪確定=の当選を目指して現金を配ったとして昨年6月に逮捕され、8カ月超にわたって東京拘置所で勾留されている。

 東京地裁は1月、案里前議員に対し執行猶予付き有罪判決を言い渡した。

社会の最新
もっと見る

天気(4月17日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 18℃
  • ---℃
  • 80%

  • 17℃
  • ---℃
  • 90%

  • 16℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ