社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 東京地裁は3日、元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(66)のレバノン逃亡を支援したとして、東京地検特捜部に犯人隠避の疑いで逮捕された米国籍の親子2人の勾留を決定した。12日まで。東京拘置所で取り調べを受け、起訴された場合は東京地裁で公判が開かれることになる。

 2人は米陸軍特殊部隊グリーンベレーの元隊員マイケル・テイラー容疑者(60)と息子のピーター容疑者(28)。弁護人が選任されて取り調べに通訳が入り、通常の外国人容疑者と同様の手続きが進む見通しだ。

 ただテイラー親子が取り調べに応じるかどうかは見通せない。逃亡劇の全容を解明できるかどうかは不透明だ。

社会の最新
もっと見る

天気(4月17日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 80%

  • 18℃
  • ---℃
  • 80%

  • 17℃
  • ---℃
  • 90%

  • 16℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ