社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 福岡県篠栗町で5歳だった男児が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の碇利恵容疑者(39)が生活保護の申請手続きを進める際、ともに逮捕された知人の赤堀恵美子容疑者(48)が同席していたことが4日、捜査関係者らへの取材で分かった。

 県警によると、碇容疑者は2019年11月から生活保護費を受給。捜査関係者らによると、碇容疑者は保護費を引き出した直後に、赤堀容疑者に手渡していた。

 赤堀容疑者は保護費だけでなく、児童手当など計約200万円をだまし取ったとして、詐欺罪などで起訴されている。詐取した総額は1千万円を超えるとみられる。

社会の最新
もっと見る

天気(4月16日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

  • 20℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ