社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 新潟県柏崎市で兄の遺体を約9年半にわたり放置したとして死体遺棄の罪に問われた住所不定、無職佐藤和夫被告(48)に新潟地裁(西田祥平裁判官)は5日、懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

 西田裁判官は判決理由で「死者の尊厳を損なう悪質な犯行で、軽く見ることはできない」と指摘。反省していることなどを考慮し執行猶予を付けた。

 判決によると、2011年3月中旬ごろ、柏崎市内の住宅で、同居していた兄の祐一さん=当時(39)=が死亡しているのを確認したものの、その後2度住所を変え、昨年10月19日まで、引っ越した先の部屋に遺体を放置した。

社会の最新
もっと見る

天気(4月16日)

  • 19℃
  • 14℃
  • 60%

  • 21℃
  • 7℃
  • 50%

  • 20℃
  • 13℃
  • 40%

  • 19℃
  • 12℃
  • 50%

お知らせ