スポーツ

  • 印刷
 複合男子団体スプリント 後半距離で渡部暁斗(左)にタッチする山本涼太=オーベルストドルフ(ゲッティ=共同)
拡大
 複合男子団体スプリント 後半距離で渡部暁斗(左)にタッチする山本涼太=オーベルストドルフ(ゲッティ=共同)

 【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第10日は6日、ドイツのオーベルストドルフで行われ、2人一組で競う複合男子団体スプリントで、渡部暁斗と山本涼太が組んだ日本は4位だった。

 前半飛躍(ヒルサイズ=HS137メートル)は2人とも136メートルを飛んで首位に立ったが、2位に2秒差で出た後半距離(15キロ)で順位を落とし、終盤のドイツとの3位争いに敗れた。オーストリアが初優勝した。

 距離女子30キロクラシカルで40歳の石田正子は1時間29分7秒6で11位。テレーセ・ヨーハウグ(ノルウェー)が優勝し、今大会4個目の金メダルに輝いた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(4月17日)

  • 17℃
  • 15℃
  • 80%

  • 18℃
  • 14℃
  • 80%

  • 17℃
  • 15℃
  • 90%

  • 17℃
  • 14℃
  • 90%

お知らせ