社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 杉田水脈衆院議員
拡大
 杉田水脈衆院議員

 政治家による最近の性差別発言で、誰の言葉がひどかったかをインターネット投票で選ぶ「ジェンダーに関する問題ある公的発言ワースト投票 2021」が8日、発表された。1位は自民党の杉田水脈衆院議員の「女性はいくらでもうそをつける」、2位は東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗前会長の「女性がたくさんいる会議は時間がかかる」となった。

 ジェンダー研究者らでつくる「公的発言におけるジェンダー差別を許さない会」が2月26日~3月5日、ネット上で実施。昨年1月~今年2月20日の間に報道された8件の発言の中から、1人最大2票を投じた。3044人が参加した。

社会の最新
もっと見る

天気(4月15日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ