社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 福岡県警察本部
拡大
 福岡県警察本部

 福岡県篠栗町で5歳だった男児が餓死し、保護責任者遺棄致死の疑いで母親の碇利恵容疑者(39)と知人の赤堀恵美子容疑者(48)が逮捕された事件で、男児は死亡前、水しか与えられない日が連続で約10日間あったことが8日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警は2019年8月ごろから始まった赤堀容疑者による食事制限中、他にも断続的に食事を取れない日があったとみて、経緯を調べている。

 捜査関係者によると、碇容疑者の三男翔士郎ちゃんは20年3月下旬には重度の低栄養状態に陥っていたとみられ、4月18日に死亡した。しょうゆと水を混ぜたものだけを口にする日もあった。

社会の最新
もっと見る

天気(4月13日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 80%

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ