政治

  • 印刷

 7月18日投開票の兵庫県知事選に、同県の金沢和夫副知事(64)が出馬する意向を固めたことが9日、関係者への取材で分かった。金沢氏は近く副知事を退任し、月内にも正式表明する見込み。無所属での立候補になるとみられる。

 現在5期目の任期満了での退任を公表済みの井戸敏三知事(75)はこれまでの記者会見で、金沢氏の後継を「一緒に仕事をしてきた人で、望ましいと言える」と言及。県議会最大会派の自民党も立候補を要請していた。

 金沢氏は神奈川県出身で、1979年に旧自治省に入庁。熊本県副知事や総務省官房審議官などを経て、2010年から兵庫県副知事として井戸氏を支えてきた。

政治の最新
もっと見る

天気(4月13日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 80%

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 21℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ