社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 大原孝治被告
拡大
 大原孝治被告

 ドンキホーテホールディングス(現パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)に対する株式公開買い付け(TOB)を巡り、公表前に自社株の購入を知人の男性に勧めたとして、金融商品取引法違反(取引推奨)の罪に問われた同社前社長大原孝治被告(57)が9日、東京地裁(守下実裁判長)の初公判で「間違いない」と起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述などで「被告は知人と公私共に深い関係があり、尊敬や信頼を得たいと考えた」と指摘。事件以前から、知人に何度も未公表の内部情報を伝え、株の購入を勧めたとした。

社会の最新
もっと見る

天気(4月17日)

  • 17℃
  • 15℃
  • 80%

  • 18℃
  • 14℃
  • 80%

  • 17℃
  • 15℃
  • 90%

  • 17℃
  • 14℃
  • 90%

お知らせ