総合 総合 詳報

  • 印刷
 2日、米ワシントンの連邦議会前のバリケードに突っ込んだ車を調べる警察官(AP=共同)
拡大
 2日、米ワシントンの連邦議会前のバリケードに突っ込んだ車を調べる警察官(AP=共同)
 ワシントンの議会周辺を警備する警察=2日(ロイター=共同)
拡大
 ワシントンの議会周辺を警備する警察=2日(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米首都ワシントンの連邦議会前で2日、バリケードがある検問所で警備していた警官らに車が突っ込み、警官1人が死亡、1人が負傷した。運転していた男は車から出ると刃物を手にして警官に向かって突進したことから、銃で撃たれて死亡した。事件を受け議事堂は一時閉鎖された。

 米メディアによると、男はノア・グリーン容疑者(25)。議会警察幹部は記者会見で、動機について捜査中としながらもテロとの関連には否定的な見方を示した。

 米メディアはグリーン容疑者がソーシャルメディアに、職を失ったことや黒人イスラム運動の指導者を信奉しているとの投稿をしていたと伝えた。

総合の最新
もっと見る

天気(4月11日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ