国際

  • 印刷

 【カイロ共同】ヨルダンのアブドラ国王は7日に声明を発表し、前皇太子のハムザ王子らが国家の不安定化を企てたとして捜査を受けたことに関し「反乱は初期段階で治まった」と述べ、危機は去ったと強調した。国営ペトラ通信が伝えた。安定した王制のヨルダンで異例の内紛が明らかになってから、国王が声明を出すのは初めて。

 ハムザ王子は国王の異母弟。国王や政府への抗議活動を扇動しようとした疑いが持たれている。3日には王子が体制を強く批判するビデオ声明が公開された。国王は「この数日は自身にとって最もつらい時だった」とした。

国際の最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ